このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2008年06月25日

父と母で二人 父と母の両親で四人、、、

 父と母で二人 父と母の両親で四人
 そのまた両親で八人 こうして数えてゆくと十代前で千二十四人
 ニ十代前では・・・・・・・? 何と百万人を超すんです。
 過去無量の命のバトンを受けついで いまここに 自分の番を生きている
 それがあなたの命です
 それがわたしの命です

 相田みつを
 ・詩人
 ・1924〜1991
 『自分の番』から

(ぱんちょな一言)
 その通りで、まったく納得なのだが、、、
 このワタクシの場合、6人しか知らない。。。
 文明の進化の具合もあるのだが、写真が多分なかった時代に生きたその前の8人となると当然写真も残っていない。
 逆に考えると、我々以降の時代ってのは、「この人が、アナタの曾曾曾曾爺ちゃんよ」なんて写真を見せながら会話をすることが可能になったわけである。それが例え何百万人いようとも。
 だからといって、先祖を敬う気持ちが強くなるとも思えないし、むしろ希薄になるような気がしてならない。
 実物を知らないからこそ尊敬したりできるのかもしれない。

(関連エントリー)
 「べんかい
 「毎日少しずつ、、、
posted by ぱんちょなあおのり at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ぱんちょな人生の名言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
で、ぱんちょさんのご先祖さまは、
やっぱりどこかにラテン系の人がいるのですか?^^;
Posted by ひまひま at 2008年06月25日 19:00

このワタクシは、27歳にして初めて「親戚」というものに逢いました。。

先祖云々の前に、幼少の頃のお年玉が少な過ぎた事が先に立ちますw
Posted by 92 at 2008年06月25日 21:33
ひまひまさま

 「どこか」どころか、、、母がメキシコ人ということになっています。。。
Posted by ぱんちょ at 2008年06月26日 02:01
92さま

 27歳で知り合った「親戚」は、まとめて過去のお年玉をくれなかったのでしょうか?
Posted by ぱんちょ at 2008年06月26日 02:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。