このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2008年11月14日

恋愛は常に不意打ちの形をとる、、、

 恋愛は常に不意打ちの形をとる。

 立原正秋
 ・朝鮮半島出身の日本の小説家
 ・1926〜1980

(ぱんちょな一言)
 このワタクシ、立原先生の作品は結構好きなのだが、
 この言葉にはちょっと異論を唱えざるをえない。
 「常に」「不意打ち」な割には、「全く」「不意を打たれない」。。。

(関連エントリー)
 「恋と戦争においては、あらゆる戦術が許される、、、
 「恋は決闘です、、、
 「真実の愛は幽霊のようなものだ、、、
 「恋愛には四つの型がある、、、
 「恋愛は戦争のようなものである、、、
 「恋愛とは、ある女性が他の女性と違うという妄想である、、、
 「恋愛で第一に大事なこと、、、
 「復讐と恋愛においては、、、
 「恋愛の厄介なのは、、、
 「我々を恋愛から救うものは理性よりも寧ろ多忙である、、、
 「恋愛は忍耐、、、
 「恋愛の株式市場には、安定株はない、、、
 「少なくとも恋愛は、チャンスではないと思う、、、
 「恋愛というものは常に一時の幻影で、、、
 「愛されることは幸福ではない、、、
 「恋愛とは、その二人が一体となることであり、、、
ラベル:男女の機微
posted by ぱんちょなあおのり at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ぱんちょな恋の物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日々の修業の成果ですね!
Posted by 台北競馬場 at 2008年11月28日 00:58
 不意打ちなら、修行もクソもないと思うのだが。。。
Posted by ぱんちょ at 2008年11月28日 00:58
いえいえ。不意打ちを不意打ちに感じないような修行&研鑽されているということですよ。さすがっす。
Posted by 台北競馬場 at 2008年12月02日 04:51
 ほめているのか?
Posted by ぱんちょ at 2008年12月02日 04:51
たぶん。
Posted by 台北競馬場 at 2008年12月03日 05:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。