このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2007年07月26日

男の愛、女の愛

−男の未練−

 最近冷蔵庫はほとんど使うことなく、近くのコンビニが冷蔵庫代わりである。

 そんなこんなでコンビニに行く回数は異常に多い。
 ありがたいことに家から半径100メーターの場所に三軒ものコンビニがあるので、これをうまくローテーションしているのが現状である。

 今日もペットボトルの烏龍茶を買いにコンビニに行き、レジに近づくと、白昼にも関わらず店員がいない。
 別に急いでいるわけでもないし、他に客もいないので、少し待っていようと思い、雑誌を立ち読みしていた。
 それでも店員は現れない。
 仕方がないので店員を探すべくキョロキョロしていると、制服を着た店員は店の外で雑談をしていた。
 どうやら向こうもこちらに気付いたようで慌てて店に戻ってきた。

 「お待たせしてすいません」
 学生のバイトのようだが、非常に低姿勢で愛想の良い店員だ。
 「あの人、いつも仕事中にやってきて困るんです」
 別にこのワタクシに言う話ではないと思うのだが、無視するのも悪いので、
 「彼氏ですか?」
 と聞いてみた。
 「いいえ、もう別れました」
 「あっ、そう」
 こっちは、この店員と外の男との関係なんて、そもそも興味はないので、適当に相槌を打っておいた。
 「別れたのに付きまとうんです。。。」
 、、、と言われてもな〜。
 最近よくニュースで聞くような、一種のストーカーのようである。

 そういえば、このワタクシが大学の頃、お気に入りの同級生が六本木のファーストフード店でバイトしていると聞き、毎日のように通ったものだった。
 おかげで、毎日夕飯はハンバーガーになってしまった。
 彼女はファーストフード店でバイトするには適任で、非常に愛想もよくテキパキと仕事をしていた。
 こちらも彼女の気を引くために毎日のように店に行き、必要以上に注文をしていたのであった。
 しかし、今日のコンビニの店員のように、このワタクシのいないところでは、「あの人、来てくれるのはいいんだけど、毎日来なくても。。。」なんて言っていたのかもしれない。

 男が弱くなったとよく言われる御時勢である。
 告白しないとダメなタイミングで告白できなかったり、振られても付きまとったり。
 しかし、現実的には、男が弱くなったのではなく女が強くなったのだと思うところである。
 巷の動向はよく判らないが、基本的に男は一途であり、女は一途ではないはずである。
 その証拠に、女の方が「真剣」な愛が終わっても、すぐに次の「真剣」な愛に移行できているケースが多い気がしてならない。
 男は、「遊び」の愛は波状的に実行できても、「真剣」な愛は滅多にできるものではない。
 そうなると、この愛は失敗できないという状況で簡単に告白なんてできるものではい。
 そして、この愛は終わらせてはいけないとなると、振られても付きまとってしまうのである。もちろん、ストーカー行為自体はよくないが。
 最近のように、メディアが愛を軽く扱い、愛がファッション化してくると、女はその社会に簡単に順応できても、男は簡単に順応できない。男では、「恋のから騒ぎ」は成り立たないはずである。
 だから、こちらが好きな事を判っていて思わせぶりな素振りをする女性は最低である。
 
 そして、この文章全体がこのワタクシの言い訳である。

以上。 

追記)
 元々物語調にしようと思っていたのに、書いているうちに訳が分からなくなった駄作である。
ラベル:男女の機微 恋愛
posted by ぱんちょなあおのり at 04:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ぱんちょな恋愛エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>この愛は失敗できないという状況で簡単に告白なんてできるものではい。

恋愛の悩みのうち、「告白できない」というのが、一番複雑ですね。
でも、それは女性も同じだと思います。

っていうか、男も女も、どっちも少なくとも2種類ずついる気がする。
ただ、女性で性根が座ってる人は確かに多いので(私は違うが)、つらいながらも吹っ切ってるだけかと。
(それが、女性は強いと言ってる意味なのかもしれないけど)

 
> だから、こちらが好きな事を判っていて思わせぶりな素振りをする女性は最低である。
 
いったい、ぱんちょさんに何が起こってるんだ。。。疑疑

思わせぶりじゃなくて、本当に思ってくれてるのかも。
あるいは、誰にでもやさしいだけかも。(好きとわかってない場合もあるし)。
上記の同じような例は、男性にもいるよー。いるいる。同じだよー。

でも、最低と思いながら、好きな気持ちが止まらないなら(だから悩むんだと思うけど)、告白するしかないです。
しないで、悶々と時を費やすか、して、結果がバツならそこから出直すか。
もちろん、OKな場合だってあるわけだし。
とにかく、行動しないと、ずっとこのままかも。
今日が地球最後の日と思って、やってみたら?

>そして、この文章全体がこのワタクシの言い訳である。

とりあえず、この文章を読んでもらったら?

(よくだまされるんですが、この文章も創作、とか言う??)
Posted by x10 at 2007年07月27日 20:15
x10さま

>いったい、ぱんちょさんに何が起こってるんだ。。。疑疑
>よくだまされるんですが、この文章も創作、とか言う??

 当然ながら、いつものごとく、これも創作です。
 実際には、コンビニにストーカーもどきの男が現れたところまでは事実で、そこから先は手の動くままに書いたらこうなったしだい。

>恋愛の悩みのうち、「告白できない」というのが、一番複雑ですね。

 まったくですね。
 一体何を恐れて「告白しない」のだろう、、、人間は。
 告白して失うことよりも、告白しなくて時間を失う方が問題のような気がしないでもない。
 もしかすると、告白したあとに傷つくことを恐れているのか。

 この答が判っていたら、少なくともこのワタクシは既に結婚していることだろう。。。
Posted by ぱんちょ at 2008年01月10日 20:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。