このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2001年09月29日

管理野球との決別??

 2001年09月29日の朝日新聞「天声人語」の引用である。

(引用)
 近鉄が「いてまえ打線」の活躍で優勝した。
 大阪人以外にはなじみが薄いだろうが、「いてまえ」は英語の「レッツゴー」に「ノックアウト」を掛け合わせるとニュアンスが近い。破壊力抜群の打線に、ぴったりの形容である。
 チーム本塁打、打率、得点、みんなリーグのトップ。逆に、投手の防御率は一番悪く、失点も一番多い。野球のきめの細かさを表す盗塁もリーグのどんじりだ。
 いくら点を取られても、それ以上に打ちさえすればいいという常識破りの野球を裏付けるデータだ。ベンチの作戦がすべてに優先する日本の管理野球とは対極にある。
 おおらかなチームの顔が4番中村。髪を金色に染め、全打席で本塁打を狙う。相棒のローズは、1500CCのオートバイで球場に通い、大阪弁でジョークを飛ばす。
 のびのびした環境がよかったのか、移籍組の選手も活躍した。巨人からの吉岡、三沢。横浜からの関口、盛田。阪神からきた北川は、代打逆転サヨナラ満塁本塁打で優勝を決めた。
 大リーグでイチローや野茂、佐々木、新庄がのびのびプレーしているのとも、どこか通じる雰囲気がある。
 管理や束縛を嫌う大阪人の気質が、近鉄のようなチームを育てたのだろう。そういえば85年に優勝した阪神も、豪快な打撃のチームだった。
 近鉄の優勝は、日本のプロ野球が管理野球の呪縛(じゅばく)から離れて、もっとわくわくするスポーツになる第一歩かも知れない。
(引用終)

 16年前にあるチームが打ちまくって優勝したときにも同じように「管理野球の破壊」という言葉が使われていた。。。
 それから16年、それまで以上の管理野球が球界に蔓延し、さらに金権野球まで台頭してきた。
 16年前の一瞬と同じように、今年が歴史の一瞬にならないことを切に望みたい。
ラベル:野球
posted by ぱんちょなあおのり at 12:29| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ぱんちょなスポーツエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年のライオンズもそうですよね(^-^)
Posted by しろのり at 2008年11月10日 01:43
 問題は、管理野球でない場合は、戦力が長続きしないということですね。
 阪神、近鉄。。。
Posted by ぱんちょ at 2008年11月10日 01:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。