このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2006年03月25日

我々の母国語

 このような態度(以下の報道参照)は大好きである!
 是非とも「英語文化の席捲」から世界を守ってほしいものである。

(引用始)
<仏大統領>怒って退席 仏出身の産業界代表が英語で演説
「フランス人ならフランス語を使うべきだ」――。
 24日までブリュッセルで開かれた欧州連合(EU)首脳会議の席上、フランス出身の産業界代表が英語で演説したため、同席したシラク仏大統領が怒って退席するハプニングが起きた。
 「事件」が発生したのは23日夕、EU首脳と労使代表らの経済会合の席上。フランス人のセリエール欧州産業連盟会長が、行き過ぎた保護主義の弊害を指摘する演説の途中で、フランス語から英語に切り替えた。
 セリエール会長は「我々は33カ国の産業界を代表しており、ビジネス言語の英語を使う」と断ったが、シラク大統領はドストブラジ外相、ブルトン経済相を伴って会場を後にした。
 シラク大統領は24日の記者会見で「フランス人がEUの場で英語を話したので強い衝撃を受けた。聞きたくなかった」と胸中を説明し、「英語文化の席巻」から世界を守る意味でもフランス語は重要だと訴えた。(毎日新聞) - 3月25日10時11分更新
(引用終)

 ただいつも思うのは、本当は我が国こそ率先してこういう態度を取らないといけないということである。
 一体どこの世界に、世界最上位クラスの経済力や技術力を持っていて、さらに世界上位10位の人口を有している国で、他国の言葉を自国の言葉以上に重要視している国があるのだろうか?
 本来なら、悪く言えば、こちら側の言語を他国に強要できる立場である。我が国の技術力などを各国から学びに来てもらえる立場にもかかわらず、相手国側は日本語ができない、こちら側が外国語ができない、という現状である。すると、当然相手国側は、同じように高い技術力を持っている国の中でも言葉の通じる国の方に人を送ることになる。
 よって、日本の真実を世界の人に知ってもらうこともなく、日本はますます理解されずに、なぜか外交においても孤立状態になってしまう。日本に大量の中国人が、日本のお金で学習目的で送り込まれてきたら、靖国問題なんて言っている場合ではなくなるであろう。
 もし日本人が今までに掛けた英語教育費用(学校等の予算+個人の費用など)を全て海外での日本語教育予算にあてていたら、間違いなく世界の共通言語の一つに日本語はなっていたはずである。
 一般の国の軍事費並みに、英語という一言語を学ぶためだけのコストをかけている珍しい国である、日本は。
 確かに、今日においては、英語は世界の共通語かもしれない。でも、そんなものは経済力や軍事力によって変わるのである。日本人が散々英語という絶対に手に入れることのできない幻のおもちゃに金を掛けているうちに、もし世界の共通言語が中国語に変わったらどうするのだろう。
 これは、あながち否定しきれない将来である。
 たまたま漢字の読める我々は、今のオランダ人とかドイツ人と同じ立場になり、世界共通語である中国語のものすごくうまい国民となってしまう。
 所詮こんなもんである。だから、外国語をどうこう言う前に、世界の上位の国でいられるうちに、日本語の普及を積極的におこなうことである(昨今の凋落振りからすると、もうあまり時間はないかもしれないが)。
 世界中で日本人の先生が日本語を教えるだけで、日本に対する見方は間違いなく変わっていくであろう。
 ちなみに、あのカナダでさえも世界中で母国語教育を行っている。わざわざ「あの」と付けたのは、カナダの公用語であるフランス語と英語を考えた場合、カナダに対して「オタクがやらんでも。。。」と誰だって言いたくなってしまうからである。
 つまり、カナダが行わなくても、フランスもイギリスもアメリカも同様のことをやっているのである。ところが、カナダ政府からすると、カナダ人が各国に行ってフランス語や英語を教え、カナダそのものを世界に普及させることに意義があるわけである。

 、、、と、ここまで書いてから、自分が外国語学部英語学科を卒業したことを思い出した。。。 金返せ〜!
ラベル:言語
posted by ぱんちょなあおのり at 11:45| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | あおのりの主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いっその事、中国語普及にODAをつけるってのはどうでしょうか?
Posted by 野村 at 2006年03月25日 20:31
 こちらがODAを拠出してもらう方の国にならないことを祈るばかりです。
Posted by Aonori at 2006年03月25日 22:51
日本でも会津弁の国会議員がいますが、
故郷の言葉を話す人は憎めないですねww
Posted by サオリ at 2006年03月28日 17:20
 サオリさんは会津のご出身だったのですか?
Posted by Aonori at 2006年03月31日 15:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。