このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2006年05月17日

「北の国から」の日本批判にしては、、、

 「北の国から」雄叫びが聞こえてきた。

 それにしても、、、「罪をすすぐこともできない日本が拉致問題でいくら騒いでも、それは売春婦が貞操のご託を並べるのと同じだ」なんて発言を朝鮮中央通信が本当に行うのか? だとしたら、「北の国」にも売春婦がいるのかな。いなけりゃ、そんな言葉は存在しないだろうし、使うこともないような気がする。とてつもなく逆説的だが、「北の国」が売春婦の普通にいるような国だとしたら、、、少しまともな国ではないか、、、という気がしてきた(無茶苦茶な論法であることは判っています)。少なくとも職業選択の自由がある訳で。。。

 もっとも、これを伝えているのが時事通信なので(参照:「(続)相変わらずの通信社の文章レベル」)、とりあえずは続報を待とうと思う。


(引用)
拉致問題は米の歓心買うため=北朝鮮がまた日本批判
(時事通信社 - 05月17日 21:10)
 【ソウル17日時事】北朝鮮の朝鮮中央通信は17日の論評で、日本が対北朝鮮敵視政策を行っている米国の歓心を買うために拉致問題を提起していると批判、この問題は既に解決された問題だと改めて強調した上で、「罪をすすぐこともできない日本が拉致問題でいくら騒いでも、それは売春婦が貞操のご託を並べるのと同じだ」と主張した。韓国の通信社・聯合ニュースが伝えた。
(引用終)
posted by ぱんちょなあおのり at 21:36| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あおのりの新聞を読んで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。