このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2006年05月31日

6年6月6日に生まれたら、、、

 イギリスの妊婦が今年の6月6日に子供が生まれると聞かされて悪夢にうなされているらしい。。。

 この女性は、大のホラー映画好きで、「666」に悪魔を出産することを避けるためには何でもやると言っているようである。
 病院側としては、陣痛誘発するとか帝王切開するという方法を除けば何もできないし、そもそも自然に任せるべきだと言っている。

 話は大きく変わるが、このワタクシ、ヒノエウマが終わった直後の1月生まれである。ヒノエウマの年に女性を産むと男を食い殺すとか、気性が荒くなるとか言われて歴史的にヒノエウマ(60年に一回)の年は出生数が異常に少ない。
 その結果、中学校二年生のときのクラスなんて、4〜12月生まれが4人しかいないのに、1〜3月生まれが36人なんていう、とんでもないクラスになってしまった。その4〜12月生まれだったのが全て女性で、全員の名前に「美」という文字が付いていたのも偶然とは思えない。
 つまり、この学年の1月生まれは、ほとんどがバースコントロールされて生まれてきたことは間違いない。 、、、と言っても、出産そのものをコントロールするのは難しいので、妊娠の時期をコントロールしている訳である。10ヶ月前の3月までに妊娠するとヒノエウマの12月までに生まれる可能性が高いので、それまでは妊娠を避けたわけである。中には、早とちりした親がいて、焦ったのか、我慢できなくなったのか、12月に生まれてきたものもいるであろう。。。
 1846年とか1906年までは判らなくもないが、高度成長期真っ只中で、迷信なんて、、、と思う1966年ですらこうである。すると、2026年でも子供は減少することは間違いない。もっとも、その頃には、そうでなくても子供が少ないような気はするが。

 話は元に戻って、このイギリスの妊婦。
 これだけホラー映画が好きだったのであれば、もう少し妊娠するのを待てば良かっただけではないのか。。。 子供にはまったく罪のない話である。
 それにしても、この記事に載っている妊婦の写真、、、涙無くしては見れない。。。







 なお、実際に生まれた日を追跡調査したいものである。

追記)
 念のために書いておくが、このワタクシがいまだに独身であるのは、幼稚園以来、同級生の気性の荒いヒノエウマの女性達にビビッてしまい、いまだに女性恐怖症から抜けきれないためである。
 あくまでも、念のため、である。


(引用)
Don't want baby on 6.6.6

PREGNANT Melissa Parker is battling to have her baby induced before June 6 as she is terrified of giving birth to the DEVIL.
Superstitious Melissa said her blood ran cold when told her child was due on 06/06/06 or 666 ― the number of the beast.
The mum of two is a fan of the Omen horror films and immediately started having nightmares.
Now she vows to do everything she can to avoid delivering on the fateful day. Melissa, 30, said yesterday: “When I got my due date I thought ‘Oh God, I’m giving birth to Damien from the Omen’.
“Every day I wake up feeling something bad will happen. I’m terrified the birth will go wrong or the child will have evil in him or her. Even worse my beautiful baby could be the devil himself ― the anti-Christ.
“I like The Omen and saw an advert for the remake. Now I’m even more worried.”
Melissa, who lives with road worker partner Lee in Caversham, Berks, has been told by Royal Berkshire Hospital that her due date cannot be changed.
She said pals LAUGH about it but insisted: “Any child born on that day will be marked for life. It’s a harrowing thought.”
A hospital spokesman said: “Due dates are not 100 per cent certain. There is little we can do to change them without a Caesarean or inducing the child, which we try to avoid.
“We must let nature take its course. The baby will be born when ready, no matter what day it is.”
The figure 666 is mentioned in the Bible and many cultures believe it represents the date the anti-christ will appear on Earth.
The classic original The Omen, starring Harvey Stephens as devil child Damien, shocked audiences in 1976.
The remake, with Seamus Davey-Fitzpatrick, is out on June 6

The Sun Online - News: Don't want baby on 6.6.6
(引用終)
ラベル:出産
posted by ぱんちょなあおのり at 23:53| 奈良 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | あおのりの新聞を読んで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
妊婦のしぐさがなんともいえません。
Posted by サオリ at 2006年06月02日 00:56
ここにもキリスト教の影響が。
Posted by at 2006年06月06日 11:46
 6月6日を過ぎましたが、、、いまだに続報を入手できておりません。。。
Posted by Aonori at 2006年06月08日 01:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。