このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2006年07月11日

大観衆の前で小便

 ラグビーの南半球三カ国対抗戦「Tri Nations」のニュージーランド対オーストラリア戦の直前に、ニュージーランドチームの選手がいきなりピッチ上で小便を始めた。

 どうやらラグビー大国のニュージーランドでは、このチン事にもいたって冷静な様ではあるが、とりあえずスタジアムには34,000人もの観客がいた上に、ニュージーランド対オーストラリアという事実上の世界一決定戦だけに、両国での視聴率は相当なものであったことが予想される。

 常に膀胱には緊張を持ってほしいものである。(肝心の映像はこちら:「YouTube - Jerry Collins Opps」)


(関連サイト)
 「水に流れた4200万円
 「関西空港は世界4位


(引用)
[ウェリントン 10日 ロイター]
 土曜日に行われたラグビーの南半球三カ国対抗戦「Tri Nations」のニュージーランド対オーストラリア戦で、出場していた選手の1人が試合開始直前に生理的欲求に勝てず、「おもらし」するハプニングがあった。
がまんできずピッチ上で用を足したのは、ニュージーランドチームのジェリー・コリンズ選手。試合開始直前、テレビカメラはコリンズ選手がひざまずき、「おもらし」している姿を捉えていた。
ニュージーランドチームの助監督、スティーブ・ハンセン氏はこのアクシデントについて「単なる不運だった」と述べ、「もしあなたが男性で、しかも試合直前でピッチ上にいるにもかかわらず、どうしてもトイレに行きたくなった。さてどうしますか?」とコメントした。
さらにハンセン氏は、「チームが14人になってしまうにもかかわらず、あなたはトイレに行きますか? それとも、どうか自分の姿を全国に放送しないでくれとカメラマンに良識を期待しますか?」と語った。
コリンズ選手の行動に対し、ニュージーランド国民からの抗議はほとんどなく、ウェブサイト(http://www.stuff.co.nz/)によるネット投票でも3分の2が「全く気にしていない」と答えたそうだ。
ハンセン氏はコリンズ選手に一つだけアドバイスをするつもりだという。
「試合の前に、全ての準備が整っているか確認したほうがいい」
(引用終)
posted by ぱんちょなあおのり at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | あおのりの世界の珍事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。