このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2006年07月28日

クロコダイルば〜ちゃん

 イギリスで80歳のおばあちゃんが、ナイフで武装した強盗をさらに大きなナイフで撃退したらしい。

 強盗より刃渡りの長いナイフを取り出したおばあちゃんは、映画「クロコダイル・ダンディ」さながらに、「それがナイフだと? これがナイフってもんだ」と逆に強盗を威嚇したとのことである。
 25センチの刃渡りのナイフと36センチの刃渡りのナイフを振り回して怪我がなかったのが不思議である。
 その頃、夫(82)はもう一人の強盗を撃退していたというから、これまた驚きだ。





 それにしても、いくらナイフで威嚇されたとはいえ、80歳のおばあちゃんに撃退されるとは、度胸のない強盗である。
 こんなことだから簡単に捕まってしまったのであろう。。。
 
 これがアメリカだったら拳銃に対して拳銃で応戦していたかもしれない。。。


(引用)
[ロンドン 24日 ロイター]
80歳の女性が、ナイフで武装した強盗をさらに大きなナイフで撃退した。
ナイフを持った覆面男性に起こされたウィニフレッド・ウィーランさんは、声をあげて階下の台所まで走った。
彼女は巨大な肉切りナイフをつかみ、侵入者に向かって「それがナイフだと? これがナイフってもんだ」と、オーストラリア映画『クロコダイル・ダンディー』で、ポール・ホーガン演じる主人公がニューヨークで強盗と戦う有名な場面からの決めゼリフを言った。
そのうち彼女の夫も取っ組み合いに加わった。
強盗は不法侵入罪で刑務所に入れられた。ウィーランさんは事件を振り返って『リバプール・エコー』紙に語った。「私は強盗に、それがナイフだと? と言いました。彼のは10インチぐらいで、私は14インチのナイフを持っていたんです。私は刃先で彼の腹を指して、これがナイフってもんだ! と言いました」


CNN.co.jp : 80歳の英女性、強盗より大きなナイフ持ち出し撃退 - こぼれ話
2006.07.26
ロンドン――英リバプール在住の80歳女性が昨年9月、家族と就寝中に男の強盗に襲われたものの、相手より「大きなナイフ」を出して逆に威嚇、撃退に成功した。強盗はその後、逮捕され、服役中。
事件のショックから悪夢に悩まされていた2人だが、犯人が禁固刑となったことで安どしているという。
地元紙ザ・リバプール・エコーによると、この女性はウィニフレッド・ウェランさん。オーストラリアの俳優、ポール・ホーガン主演で大ヒットした映画「クロコダイル・ダンディー」(1986年)で主人公が使ったせりふ「こういうのが、本当のナイフだ」と切り出して、刃渡り約36センチのナイフを持ち出し、一喝(いっかつ)していた。
調べによると、ウェランさんが夜中に目覚めると、刃渡り約25センチのナイフをかざした覆面(ふくめん)姿の男が枕元にいて、金を要求した。驚いたウェランさんは叫び声を上げて、1階のキッチンへ駆け込み、36センチのナイフを持ち出し、対決していた。
強盗はひるんだ表情を見せると共に、逃げ出したという。共犯が一人いたが、ウェランさんの夫(82)が撃退していた。
(引用終)
posted by ぱんちょなあおのり at 02:02| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あおのりの新聞を読んで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。