このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2006年08月03日

お金で幸せは買えません

 ワシントン・ポストによると、財産は一定の限度を超えるといくら増えても満足度が高まることはなく、幸福とお金は別の問題だという複数の調査結果が報告されているらしい。

 そのようなことを、以下の記事はいくつか例を挙げて示している。
 しかしだ、、、本当にそうなのか?
 以下の記事に出てくるウォーレン・バフェット氏やビル・ゲイツ氏、さらには大学の教授などは、既に金があるから暢気なことを言っておられるのである。
 その証拠に、我々のような貧乏人が「お金で幸せは買えません」なんて言っているのを聞いたことがない。そんなことを言っているのは金持ちばかりである。。。
 このワタクシからすると、金がもう少しあれば絶対に幸せになるに違いない。資本主義社会に生きている以上、金があるかないかが全てである。
  
 お金で幸せは買えないのであれば、どうしたら幸せになるのか教えてほしいものである。


(引用)
U.S. FrontLine お金で幸せは買えません〜科学的調査が立証

 富豪のウォーレン・バフェット氏がこのほど、300億ドル以上をマイクロソフト会長のビル・ゲイツ氏らが設立した基金に寄付して健康、教育改革に役立てると発表し、全米を驚かせた。
 このニュースに「だれかが莫大な財産をくれたら自分はどうするだろう」とあらぬことを考えた人も多いだろうが、ワシントン・ポストによると、財産は一定の限度を超えるといくら増えても満足度が高まることはなく、幸福とお金は別の問題だという複数の調査結果が報告されている。バフェット氏はそれを自覚していたのかも知れない。
 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのリチャード・レイヤード氏が行った調査によると、人は他人との比較によって自分が裕福だと感じる。従って社会全体で所得が上昇した場合、個人の心理的裕福度は高まらない。
 大きな収入が一時的な満足をもたらすのは事実だが、レイヤード氏によるとその満足感も新たな境遇に慣れるまでの話で、せいぜい数カ月か長くても数年しか続かない。宝くじで高額を当てた場合、「最初は幸福度が大幅に上昇するが、いずれ元の水準に戻る」。ではなぜ人びとは宝くじを買うか。同氏は「目の前のことしか見ていないからだ。長く満足できる方法を見出していない」と指摘する。
 個人資産が年間約1万2000ドルを超えると、それ以上財産が増えても生活満足度が上昇しないことが、過去数十年の調査で示されている。例えば日本では、1958年から87年にかけて国民の所得が5倍に増えたが、幸福度は必ずしもそれに比例していない。
 科学誌サイエンスの最新号でも、なぜお金が人々を幸せにしないかというプリンストン大学の調査結果が掲載された。平均以上の所得がある人々でも、日常生活でほかの人以上に幸福を感じているわけではなく、むしろより緊張して暮らしており、時間をより多く楽しみに費やしていることはないという。
 調査をまとめたアラン・クルーガー教授(経済学)によると、いったん貧困でなくなると、お金は日々の幸福をもたらさなくなる。お金で物を買うことはできるが、子供に関する心配、恋愛、仕事上のストレスといった問題はお金では解決されないからだ。
 クルーガー教授は、人びとの最大の間違いは給与にばかり目を向けることだと指摘する。「人は仕事の質に重点を置かない。だから多くの人々にとって、仕事は1日のうちで最悪の時間になってしまう」
(引用終)
ラベル:人生
posted by ぱんちょなあおのり at 03:41| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱんちょなエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。