このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2006年08月04日

「痩せるワクチン」登場!!

 遂に出たっ!!

 食欲増進や脂肪蓄積などの働きがあるホルモンが特定されたらしい。
 その結果、このホルモン「グレリン」に対する抗体ワクチンを接種すれば、脂肪の蓄積が抑えられるわけだ。
 それにしても、21世紀にもなっているというのに、どうしてこのホルモンが発見できていなかったのか? 研究者ももう少し気合いを入れてほしいものである。
 これが実用されると、このワタクシも何の心残りもなく暴飲暴食できるというものだ。
 実用化はとにかく急いでください、研究者さんっ。

 なにっ、人間で同様の効果が得られるかは未知数、、、だって。
 何を言っているのか、、、このワタクシが実験台になってあげるじゃあ〜りませんか。。。


(引用)
やせるワクチンも現実に? 日米が動物実験に成功 | エキサイトニュース
 【ワシントン31日共同】ワクチンで特定のホルモンの働きを弱め、体重の増加を抑える実験にラットで成功したと、米スクリプス研究所(カリフォルニア州)と大阪市立大のチームが米科学アカデミー紀要(電子版)に7月31日発表した。
 人間で同様の効果が得られるかは未知数だが、チームは「ワクチンも肥満解決への一つの道になるかも」と話している。
 このホルモンは、日本で発見され、食欲促進や脂肪蓄積などの働きがある「グレリン」。
 ワクチンでグレリンに対する抗体が増えたラットは、食べる量に変化はなかったのに、1日当たりの体重増加はワクチンなしのラットの3分の1以下で、脂肪の蓄積も少なかった。ワクチンによって体のエネルギー消費量が増えたらしい。

U.S. FrontLine
やせるワクチンも現実に? 日米が動物実験に成功
 ワクチンで特定のホルモンの働きを弱め、体重の増加を抑える実験にラットで成功したと、スクリプス研究所(カリフォルニア州)と大阪市立大のチームが米科学アカデミー紀要(電子版)に7月31日発表した。
 人間で同様の効果が得られるかは未知数だが、チームは「ワクチンも肥満解決への1つの道になるかも」と話している。
 このホルモンは、日本で発見され、食欲促進や脂肪蓄積などの働きがある「グレリン」。
 ワクチンでグレリンに対する抗体が増えたラットは、食べる量に変化はなかったのに、1日当たりの体重増加はワクチンなしのラットの3分の1以下で、脂肪の蓄積も少なかった。ワクチンによって体のエネルギー消費量が増えたらしい。
 チームによると、グレリンはダイエットなどで食べる量が減ると分泌され、体重減少にブレーキをかける。ワクチンが実用化されれば、そうした時期を乗り切るのに役立つ可能性があるという。
(引用終)
posted by ぱんちょなあおのり at 23:57| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あおのりの肥満アレコレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。