このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2006年09月17日

なぜ銅が盗まれるのか?(2)

 つい先日、チリや中国や日本の銅が盗まれているということをぼやいたところだが(参照:「なぜ銅が盗まれるのか?」)、フランスでも銅が盗まれているようである。

 フランスの場合は、約550メートルの銅製の電話ケーブルが盗まれ、電話をかけられなくなってしまっているらしい。そういう意味では、中国の事件とよく似ている。また、電車の信号機に使われていた銅まで盗まれてしまったというから少し厄介である。(というか、盗みはイカンのである)

 どの記事でも「銅の価格が急騰している」という事だけで済まされているが、本当にそうなのだろうか?
 この手の事件というのは、たいてい(言葉は悪いが)開発途上国で起こるものだと思っていた。(参照:「フィリピンペソが儲かるらしい??」)
 この銅の盗難は、判っているだけでもフランスや日本という超先進国でも起こってしまっている。

 (先日もぼやいたとおり)どうも世界的に何か不穏な動きがあるような気がしてならない。

 引き続き、このブログでは、「銅」を追っていくことにする。


(引用)
[ストラスブール(フランス) 14日 ロイター] フランス西部にある2つの村で木曜日、約550メートルの銅製の電話ケーブルが何者かによって盗まれてしまい、住民たちが電話をかけられなくなってしまうという事件が発生した。
現在の銅の価格は昨年と比べると約2倍以上となっているため、それを売りさばいて一儲けしようとする泥棒の数がフランスで増加している。
窃盗団の手口は、地中に埋められたケーブルを掘り起こして盗み出すというもの。フランス・テレコムによると、盗まれたのは総重量1000kg以上の銅製のケーブルで、被害総額は数万ユーロになるという。
今回被害にあった2つの村では、金曜日までに修復作業が完了する予定となっている。
水曜日には、パリ〜ボルドー間の路線で電車の信号機に使用されていた銅のケーブルが盗まれてしまい、列車の運行が一時ストップする事件が発生していた。
(引用終)
posted by ぱんちょなあおのり at 01:28| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あおのりの新聞を読んで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。