このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2006年11月05日

自分の墓で急死した女性

 オランダで、自分の墓で葬儀の仕方を決めていた女性(65)が、その場で心臓発作のため亡くなったらしい。

 そこで、そのまま墓に埋葬されたらしいが、、、ってことはないのだろうが、よくもこんな偶然が起こるものである。
 女性のバッグには遺書まで入っていたというのだからこれまた驚きである。

 それにしても、オランダでは「墓」関係の奇怪な事件がたびたび起っている。
 実は、どの国でも同じように墓で奇怪な事件が起っているにもかかわらずニュースにするのを憚っているだけで、オランダのメディアだけが躊躇せずに報道しているのだろうか。
 ちなみに、墓に限らず、オランダには不思議なニュースが多い。


(「オランダの墓」関連)
 「墓参りで墓に転落


(引用)
[アムステルダム 1日 ロイター] オランダ・アムステルダムで、昨年夫を亡くし、詳細に自分の葬儀の仕方を決めていた女性(65)が、自分の墓の横で死亡した。
3日付のオランダの日刊紙『De Telegraaf』によると、女性は一族の墓を訪れた際に、心臓発作で亡くなったものとみられている。彼女の墓石にはすでに名前が彫られていて、あとは日付を入れるだけになっていた。
バッグからは遺言状が見つかり、そこには音楽など葬儀の詳細が記されていたという。
(引用終)
ラベル:人生
posted by ぱんちょなあおのり at 00:45| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あおのりの新聞を読んで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。