このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2006年11月24日

漢字を発明した韓国人。。。

 漢字を発明したのは韓国人である(そんなアホな。。。)と韓国が主張しているため、中国が激怒しているようだ。

 どうやら、韓国では、「漢字を発明したのは韓国人である」とか「孔子は韓国人である」という主張がまかり通っているらしい。
 韓国は、既に「端午の節句」を韓国発祥の「世界無形文化遺産」としてユネスコに申請して認められており、今も「漢方医学(中医)」を『韓医』に改めて世界遺産に申請しようとしていたり、ドイツで『印刷術の起源国―韓国』という展示会を開いたりしているらしい。

 「漢字を発明したのは韓国人である」という主張は、「韓国がアーチェリーに強いから」という意味不明なものである。それであれば、「中年の星」を擁する我が国も漢字を発明したことになるのか。
 また、「孔子が韓国人」なのは、孔子の生誕の場所が以前は韓国領だったかららしい。。。 
 百歩譲って、、、孔子の生誕の地がかつては朝鮮半島の地域と同じ国であったとしても、韓国の領土は北緯38度線で区切られている以上、「孔子は北朝鮮人」ではないのか。
 こんなことを主張していたら、中国だけではなく、偉大なる首領様もお怒りになるような気がしてならない。


 日本では、日本に対する中国や韓国の対日感情を気にすることが多いが、中国や韓国の各々は、各々でいがみ合っている以上、必要以上に「どの国が日本をどう思っている」と考えなくても良いような気がする。
 逆に、中韓関係を逆手にとって、中国に歩み寄り、「漢字を発明したのは中国ですよね〜、胡さん。孔子も中国人ですよね〜」なんてゴマをすったほうが得策かもしれない。

 それにしても、韓国、このまま放っておくと、「端午の節句」だけではなく、「春分」や「秋分」まで、遂には「正月」まで韓国の起源になりかねない。。。
 とにかく、上海まで韓国領と主張する人々だけに。。。(参照:「上海も韓国の領土だった!?」)
 そして、来年から国連で一番偉い人まで韓国人である。。。


(引用)
livedoor ニュース - 「漢字発明は韓国人」 「荒唐無稽」と中国憤激
「お笑い!韓国人が漢字を発明しただって?」こんなタイトルの記事が中国・人民日報社のウェブサイトに掲載された。この記事では「漢字を韓国人の発明として世界遺産に申請すべし」という進言がある、という話などを紹介。極めつけは「孔子は韓国人」説。この荒唐無稽ともいえる主張に、中韓のネット上では激論が繰り広げられている。この「ゴーマン主張」が日本の週刊誌やテレビでも報じられ、日本でも失笑の声が上がっている。
この記事が掲載されたのは、2006年10月25日。それによると、騒動の発端は漢字を研究するウェブサイトに、韓国人が投稿した英語の文章だ。この文章はまず、囲碁、サッカー、サムスン電子の製品などで韓国が優れていると述べた上で、「13億人口を持つ民族が8千万人の人口に負けたのは、韓国人はあらゆる分野において中国人より優れているからだ」としている。

えー?「孔子は韓国人」
さらに、「漢字も韓国人が作ったもの」と主張。例えば、伝説によれば、音楽と文字を発明した「伏羲」は優れた弓術で有名な「東夷国」(現在の中国山東省)の出身だが、韓国はアーチェリーが強いから漢字を作ったのも韓国人だ、など4つを根拠として挙げている。加えて、「未確認」と断りながらも、ソウル大学の教授が「堂々と漢字を復活させ、国連に漢字を世界文化遺産にするよう申請せよと政府に提言した」という話も伝えている。
さらに人民日報の記事は、「韓国側は伝統文化の分野における様々な挑発を図っている」とヒートアップ。
韓国が「端午の節句」を韓国発祥の「世界無形文化遺産」としてユネスコに申請したところ、見事に認められたことについては「我々中国人は反省せざるを得ない」とした上で、
「漢方医学(中医)を『韓医』に改めて世界遺産に申請しようとしている」
「韓国はドイツで『印刷術の起源国―韓国』という展示会を開いた」
など、中国起源のものが「韓国発」に書き換えられようとしているケースを紹介している。極めつけは、「孔子は韓国人」説だ。
「孔子の生地とされる場所が、韓国によると、以前は韓国領だったから」「朝鮮半島で最初に立てられたとされる『箕子朝鮮』の王と孔子が血縁関係にある」
こうしたことから結論を導き出す、という驚くべき説を展開している。

「韓国人は計画的に我々の文化遺産を略奪」
人民日報の記事は、これらの「ゴーマン主張」を受けて、
「ネット上で『韓国人はすでに計画的に我々の文化遺産を略奪し、韓国民族の偉大さを確固たるものにしているようだ』という声も聞こえるようになった。多くの人は中国伝統文化の保護を呼び掛けはじめたのである」
と、韓国への警戒を呼びかける文章で終わっている。
11月16日には、朝日放送(ABC)の情報番組「ムーブ!」が、この話題を紹介、評論家の宮崎哲弥氏が
「元々中国と韓国は仲が良いわけはない。歴史的に見てもそう。中華思想を展開していったときに、朝鮮半島はそれに飲み込まれた。それで根底の部分で反中感情がわだかまっている訳ですよ。両国で近代的ナショナリズムが発展するにつれて、それが表に出始めてきた、ということ」
とコメントした。ネット上でも、失笑を呼ぶニュースが多く紹介される「痛いニュース+」という掲示板にスレッドが立ち、
「次は何が起源になるのかすごく楽しみだ!!! こいつらのギャグは最高!え?マジなの????」
などと、冷ややかな反応が続いている。
2006年11月21日21時31分
(引用終)
posted by ぱんちょなあおのり at 02:30| 奈良 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | あおのりの新聞を読んで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
漢字を韓国人が発明したならばなぜ韓国は漢字を捨てようとしたのだろうか?

この国の人達は押しの強さでは世界有数ですな。このままでは竹島だけでなく対馬(既に韓国領だと言っている)や壱岐、隠岐、はたまた九州まで韓国領だと百年後には言っているかもしれない。

その昔、日本に渡って来た半島の人々は押しの強くない人達だったんだろうな。謙虚さが美徳の。。。
Posted by 私設秘書 at 2006年11月26日 01:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。