このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2007年03月11日

円満離婚?

 ドイツの男が、妻との離婚を即座に決着させようと、自宅を電気ノコギリで真っ二つにした上、その半分を自分の分としてフォークリフトで運んでいったらしい。

(引用)
 [ベルリン 9日 ロイター] 妻との離婚を即座に決着させようと、ドイツに住む43歳の男が自宅を電気ノコギリで真っ二つにした上、その半分を自分の分としてフォークリフトで運んで出て行くという事件が起きた。同国東部の町ゾンネベルクの警察が9日に発表した。
 警察によると、切り離される前の家は、縦8メートル、横6メートルの敷地に立つ1階建ての建物だったという。男は事件後、彼の分とする家の半分を自分の兄弟の家まで持って行き、そこで生活していた。
 同警察の広報官は「男は、自分の正当な取り分を持ってきただけ、と主張している。もちろん私には彼の妻がこれに満足しているとは思えないが」と語った。
(引用終)

 どうやらこの男は石工を職業としているらしく、普段の手馴れた仕事を実践しただけのようである。
 状況から判断する限り、複雑な設計の家ではなく、また、夫婦の財産も家だけだったということなのでしょう。金や子供が絡んでいたらこんな単純な引越しだけでは解決しなかったと思われるだけに。
 
 いずれにしても、生涯一独身のこのワタクシには、既婚者が離婚寸前にどういう心境になるのかは全く理解できない。。。


(関連エントリー)
 「売春宿で妻を見つけて仰天
 「前の女房にナニを焼かれた男
 「別れた妻に指を送った男
 「新成田離婚

 「移動式住宅ってなんだ?
 「ホームレスの家が流される
ラベル:男女の機微 離婚
posted by ぱんちょなあおのり at 20:15| Comment(2) | TrackBack(0) | あおのりの男と女の珍事件[R18] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またドイツ人のおじさんですか・・・^^;
この間の『弁当の中身』の記事の、
アンテナ先端に籠城したおじさんといい、
ドイツ人って変わったおじさんが多いのだろうか?
Posted by ひまひま at 2007年03月12日 10:50
 このワタクシの情報ソースにも問題はあるかとは思いますが、少なくともヨーロッパ系のニュースではドイツ人が馬鹿にされる傾向があるような気がします。。。
Posted by Aonori at 2007年03月13日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。