このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2007年03月12日

純・不純

 インドの女性が、井戸に落ちて死亡した婚約者の遺体と結婚式を行ったらしい。

(引用)
[アーマダバード(インド) 10日 ロイター] 恋人が井戸に落ちて死亡してしまい、悲しみに暮れるインド人女性(22)が、火葬の直前に彼の死体と結婚することを申し出た。
グジャラート州アナンドの地元警察官は、「花嫁衣装を着て数分後、彼女は未亡人となってしまいました」とコメント。
結婚式はヒンズー教の伝統に則って行われ、男性の死体は火の側に置かれた。数名が結婚を祝う歌を歌い、その後に彼の遺体は荼毘に付された。
花嫁は結婚の契りを交わすまで彼の遺体を手放さないと話していたという。
両親は最初結婚に反対していたが、最終的には彼女の意志に従い結婚式に参列。ヒンズーの伝統として結婚した娘に台所用品一式をプレゼントした。
(引用終)

 聞くも涙の話である。(もっとも、井戸に落ちたこと自体はドンくさい気がしてならないが)
 読むだけなら感動なのだが、当の本人のこれからの人生がどうなるのか非常に気がかりである。
 
 映画の結末などですごく感動するときがあるが、映画はエンディングテロップが出たら終わるが、実際の人生は終わることなく続くものである。
 「ローマの休日」でプリンセスに戻った主人公は、その後その人生を楽しく過ごせたのだろうか?
 「カサブランカ」で昔の恋人と無理やり分かれた主人公は、その後モロッコでどんな人生を送ったのだろう。
 現実の人生は、人に感動を与えたから良いというのではなく、本人はそのまま生きていかないといけない。
 それだけに、今回の話も感動するのかもしれない。
 
 特に、新郎の不能を知った直後に離婚した女性のニュース(参照:「結婚前に確認しておくこと」)を読んだあとだけに、このインド人女性の純愛にはなおさら心を打たれるのである。
 問題なく結婚できていたら簡単に離婚していたかもしれないなんて考えることは、不純なのだろう。。。


(「結婚と悲劇」関連)
 「新婚旅行中ゾウに踏み殺される
 「結婚できたのに。。。
ラベル:結婚 男女の機微
posted by ぱんちょなあおのり at 03:42| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱんちょな恋愛エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。