このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2007年03月21日

股間を突き刺されたが、、、

 世の中には、命懸けの仕事が幾つかあるものである。
 闘牛士もその一つであろう。

(引用)
[マドリード 14日 ロイター] もし彼に子供ができたら、闘牛場にいた医師に感謝すべきだろう。
スペイン人の闘牛士、フェルナンド・クルス(25)は13日、行われた闘牛で2匹目の猛牛に太ももを突き刺され、宙に跳ね上げられた。そして地面にたたきつけられた後、さらに股間を突き刺されたのだ。
新聞には闘牛場にいた医師のショッキングなコメントが掲載され、事故の瞬間が繰り返し夕方のテレビニュースで放映された。
「フェルナンド・クルスはうちの角で長さ25センチの裂傷を負った。1つの傷は外転筋の繊維と大腿動脈を切り裂き、もう1つの傷は会陰部で睾丸が二つとも飛び出している」
2時間の手術は成功し、14日にはベッドの上に座ることができた。こんな大けがにもかかわらず、約3週間で再び闘牛ができるというから驚きだ。
(引用終)

 「ナニ」の悲劇について何度かぼやいてきたが、重傷度では本件の右に出るものはないに違いない。とにもかくにも、二つとも飛び出してしまったのだから。。。
 ちなみに、「自分のタマを撃ってしまったドジな誘拐犯」のケースでも撃ち抜いたのは一個だけである。。。

 まさに記事が書いているように、「もし彼に子供ができたら、闘牛場にいた医師に感謝」すべきであろう。
 この闘牛士は、再び闘牛場に戻るようだが、このワタクシなら絶対に引退を表明するに違いない。。。
ラベル:"ナニ"
posted by ぱんちょなあおのり at 13:28| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あおのりの世界の珍事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。