このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2007年04月25日

福知山線で停車位置オーバー

 あの事故から二年経った今日、朝から何度も何度も、文字通り反吐が出るほど、このニュースを流しているのを見た。(たまたま午前中大阪にいたからかも知れんが)

(引用)
福知山線で停車位置オーバー=50メートル、けが人なし−JR西
(時事通信社 - 04月25日 06:12)
 24日午後11時半ごろ、兵庫県尼崎市のJR福知山線塚口駅で、新三田発四条畷行き上り普通電車(7両編成)が、停車位置を約50メートル過ぎて止まった。乗客約50人にけがはなかった。
 JR西日本によると、雨でレールがぬれていたのに、運転士が早めにブレーキをかけなかったのが原因とみられる。電車は約5分遅れで運転を再開した。
(引用終)

 あのとき、JR西日本が列車の遅延に対して社内で行っていた(ひょっとして今も行っているのか)日勤教育に対して、あれほど叩きまくっていたマスコミは一体ナニサマなのだ。
 列車の定時運行に関して致命的な影響を及ぼすオーバーラン、そして結果的に列車は遅延。
 これをこれほどまで何回も報道する意味があるか?
 マスコミでこれだけ報道するということは、このオーバーランも遅延も社会的に大きな問題があるからなのか?
 深夜の都心方面行きの列車の遅延報道に、社会的な意義があるとは到底思えない。そして、そんなことは、毎日のように全国の大都市で起こっている。

 3月のとある深夜、三宮から北新地方面に向かっていたのだが、東海道線が若干遅れていたために、尼崎で乗り換えるときに東西線に乗り継げなかった。
 当然ながら、「なぜ乗り継がせないのだ」と心の中では怒りを覚えたのだが、この客の怒りが事故を呼んだ一つの遠因でもあったはずである。

 今日は大阪駅から三宮に向かっていたのだが、大阪駅の電光掲示板には、「何時何分発」と「行き先」に加えて「遅延情報」を表示する欄が予め用意されているのに気付いた。(前からあったのかも知れんが)
 もちろん定時運行を心掛けてほしいのは当然だが、「安全」を後回しにした「定時運行」にどれほど意味があるというのだ?

 今マスコミは、再び「遅延」を繰り返し報道している。


(関連エントリー)
 「JRと戦って下さい
 「列車遅延情報に思う。。。
ラベル:マスコミ
posted by ぱんちょなあおのり at 16:51| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あおのりの新聞を読んで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。