このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2007年05月08日

携帯猥褻画像見られた男が新妻を絞殺

 携帯電話に保存していた猥褻画像を妻に見られて口論になった男が、妻を絞殺したらしい。(そんなアホな)

(引用)
携帯わいせつ画像で口論、新婚の妻絞殺容疑の34歳逮捕
(読売新聞 - 05月07日 10:55)
 警視庁町田署は7日、東京都町田市森野2、会社員川上仁志容疑者(34)を殺人未遂の疑いで緊急逮捕した。
 調べによると、川上容疑者は6日午後9時から同10時ごろの間、自宅マンションの一室で、妻の和子さん(28)の首を両手で絞めた疑い。和子さんは7日未明、死亡が確認されたため、同署は容疑を殺人に切り替えて調べる。死因は窒息死。
 川上容疑者は、携帯電話に保存していたわいせつ画像を和子さんに発見され、口論になったという。2人は、今年2月に結婚したばかりだった。
 川上容疑者から「妻を殺した」と携帯電話で連絡を受けた神奈川県内の友人が7日午前0時過ぎ、交番に駆け込んだ。
(引用終)

 しかし、この程度のことで新婚の妻を殺すのか。。。
 これが、妻本人の猥褻画像や玄人の猥褻画像ではなく、不倫相手の猥褻画像とかであれば、相当妻に逆上されて殺してしまうこともあるかもしれないが。
 いや、普通は逆だろう。殺す方が妻で、殺される方が夫なら判らなくもない。。。
 
 まっ、独身のこのワタクシにはどうでもよい話である。
 、、、と思っていたら、続報を発見。

(引用2)
<妻殺害>わいせつ画像見られ首絞める…容疑の夫逮捕 東京
(毎日新聞 - 05月07日 13:21)
 7日午前0時ごろ、川崎市内に住む男性から「友人が妻を殺した」と神奈川県警多摩署交番に届け出があった。警視庁町田署員が東京都町田市森野2、健康食品会社員、川上仁志容疑者(34)方マンションに駆け付けたところ、室内で妻和子さん(28)が倒れていた。マンション前にいた川上容疑者が和子さんの首を絞めたことを認めたため、殺人未遂容疑で緊急逮捕した。同署はその後、和子さんの死亡を確認したため、殺人容疑に切り替えて8日送検する。
 調べでは、川上容疑者は6日午後9〜10時、自宅で和子さんの首を両手で絞めて殺害しようとした疑い。川上容疑者は、携帯電話に保存していたわいせつ画像を見た和子さんが激高し「家族や友人を殺してやる」などと言ったことや、これまでも夫婦げんかのたびに和子さんが物を投げるなど暴れたため殺害したと動機を話している。
 川上容疑者は「申し訳ないという気持ちはない。人を殺すことは正しいとは思わないが、家族や友人に被害がなくてよかった」などと供述しているという。
 川上容疑者と和子さんは2月に婚姻届を出したばかりで、6月には結婚式を挙げる予定だった。
(引用2終)

 なになに、、、「猥褻画像を見た妻が激高し「家族や友人を殺してやる」などと言ったことや、これまでも夫婦げんかのたびに妻が物を投げるなど暴れたため殺害したと動機を話している」だと。
 おいおい、話が違うではないか。
 こういうことなら、猥褻画像は単なるキッカケであって、猥褻画像があってもなくても、いつかは殺し合いになっていたのではないのか。

 しかし、どうしてこんなにヒステリックな妻と夫の間で共同生活が成立するのだ。
 男女の機微というのは、このワタクシにはまったく判らないが、少なくとも、この温厚な(?)ワタクシの方がいまだに独身なのが許せない。。。


(関連エントリー)
 「熱いキスで彼氏の舌を噛みちぎる
 「妻にナニを喰いちぎられた男。。。
 「新婚初夜に別の男のメッセージ
 「別れた妻の恋人を殺しナニを切断
 「夕食の支度を拒否されて夫を刀で殺害
 「猟奇的。。。
 「恐婚族
 「円満離婚?
 「逆DV
 「別れた妻に指を送った男
 「銃を放棄しなければセックス・ストライキ
 「「結婚は人生の墓場である」はウソ!?
 「新成田離婚
 「封筒を開けると指が、、、
ラベル:結婚 男女の機微
posted by ぱんちょなあおのり at 01:37| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | あおのりの男と女の珍事件[R18] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはりね、と、思いました。うんうん、喧嘩のきっかけは、とってもつまんないもの。犬も食わぬ何とか、と、言うでしょ?・・・え、あんたはどうなんだって?? そんなぁ〜!(^^ゞ
Posted by よっこ at 2007年05月08日 03:44
よっこさま、
 このワタクシ結婚したことがないのでよくは判りませんが、、、
 一般論として、夫が妻に猥褻画像を見られたとしたら、妻に頭が上がらなくなるだけのような気がします。
 猥褻画像を見られたから殺す、という論理展開はやはり矛盾があったような気がしてなりません。
 つまり、このニュース自体が、マスコミのおもちゃにされ、妙なタイトルで読者を惹いているだけのような。
 
 それはそれとして、人生で一度は「痴話喧嘩」なるものをやってみたい。。。
Posted by Aonori at 2007年05月08日 14:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。