このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2007年10月25日

ズボンなくされ62億円を吹っかけた判事失職。。。

 クリーニング屋でズボンをなくされ、62億円もの損害賠償訴訟を仕掛けた判事が失職する見通しらしい。(そらそうよ)

 失職の理由とこの裁判に関連があるのかどうかは判らないが、いずれにしても、こんな判事には(裁く側で)法廷に出てきてもらいたくないものである。
 そもそも62億円もの賠償請求できるズボンってのはどんなズボンなのだ。まさか純金で作っているわけでもあるまい。そして、そんな大事なズボンならクリーニングに出すなっということだ。
 また、精神的苦痛なんかも含まれているかもしれないが、アンタのその腐った精神にそんな価値はないだろう。
 そもそも、クリーニング屋(いや、クリーニング屋じゃなくても一般庶民全てにおいて)が、そんな金払えるわけないやんけ。

 はっきり言って変なヤツだし、変な国だ。


(関連エントリー)
 「南京虫で数億円


(引用)
ズボン訴訟の判事、失職へ=米紙
(時事通信社 - 10月24日 07:01)
 【ワシントン23日時事】23日付の米紙ワシントン・ポストは、韓国人経営のクリーニング店を相手取りズボン紛失を口実に5400万ドル(約62億円)もの巨額損害賠償訴訟を仕掛けた首都ワシントンのピアソン判事が失職する見通しだと報じた。
 判事は6月の一審で敗訴し、上訴中。訴訟社会の米国を象徴する出来事として国際的にも注目を集め、同判事への批判は強まっていた。
[時事通信社]
(引用終)
ラベル:
posted by ぱんちょなあおのり at 04:19| Comment(3) | TrackBack(0) | あおのりの新聞を読んで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
胸のつかえが取れて、スッとしたような気分です。うんうん、当然のこと!・・・なんちゃって。。
Posted by よっこ at 2007年10月25日 07:36
変な国に住んでいる変な人々もここまで変な人は許容しなかったんですね。
Posted by 松浦 at 2007年10月25日 08:45
>顧客のズボンを紛失したという理由で

話には裏側が存在すると思う。

黒人判事VS韓国系のクリーニング店

であることを深くさぐると
別の見方も出てくると思います。

本当のことはどこにも偏らない取材したものだけがわかる気がするのです。
Posted by 宮本 at 2007年10月26日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。