このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2007年11月07日

1千万円当選宝くじ置き去る

 茨城県土浦市の宝くじ売り場に1千万円の当選券を持ち込んだ男が消え去ったらしい。

(引用)
<雑記帳>1000万円の当たりくじ、男性置き去る 茨城
(毎日新聞 - 11月06日 19:32)
 ◇茨城県土浦市の宝くじ売り場から「宝くじ券の落とし物があった」と県警土浦署に届け出があった。ドリームジャンボ宝くじの1000万円の当選券だった。
 ◇30歳前後の黒っぽい服を着た男性が4日、売り場に持ち込んだ。「当たっていますのでお待ちください」と従業員の女性が男性に声を掛けたが、いつの間にか姿が消えていた。
 ◇男性が名乗り出なければ、半年後には売り場の経営者(64)のものになる。「当選を知らなかったのか」と同署は首をかしげるが、真意を知るのは今のところ「幸運の女神」だけ?
(引用終)

 移ろいやすい世の中だけに、もう忘れている人も多いかもしれないが、、、
 そう、数ヶ月前、全国各地のトイレなどで1万円入りの包みが置かれているということがあった。(参照:「1万円入り包み返してください」)
 そのときは、「実はこのワタクシが置いているのです」と告白したのであるが、実は配りすぎて金が底をついてきたのである。
 そこで偶然宝くじを買ったところ、なんと、まさかまさかの1千万円!!
 こればかりは性格だからどうしようもないのだが、大金を持つとどうしても配ってしまうのである。
 とはいえ、前回のように全国を回ると、配る以上に経費が掛かるので、今回は宝くじ売り場に戻すことにした。

 宝くじ当選券が売り場に落とされると売り場の経営者のモノになってしまうことは知っていたが、常識的に考えて、この売り場の経営者が自分のモノにしてしまうとは考えににくく、多分寄付などに使うだろうと思い、この手にしたわけである。

 とはいえ、全額分の当選券を置いてくるより、換金してから半分くらい置いてくるべきだったと、ちょっと後悔している。。。


(関連エントリー)
 「地中から出た現金の持ち主
 「富は糞尿と同じく、、、
ラベル:
posted by ぱんちょなあおのり at 00:18| Comment(2) | TrackBack(0) | あおのりの新聞を読んで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アホか。。。
Posted by 私設秘書 at 2007年11月07日 08:33
私設秘書さま

 大変失礼いたしました。。。
Posted by ぱんちょ at 2007年11月07日 11:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。