このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2007年11月08日

当選宝くじ置き去り事件に落とし主多数現る。。。

 つい先日ぼやいた「1千万円当選宝くじ置き去る」事件だが、なんと落とし主と名乗る人物がたくさん出てきてしまったらしい。

 落とした人は、30歳前後の男性と言うことのみ判っているのだが、落とし主の言い分は、、、
 「認知症の父親がよく土浦に行くので父親が買った宝くじではないか」
 「今年春、群馬県内の道の駅で宝くじ20枚入りの財布を落とした。それではないか」
 「今年5月に買った宝くじ10枚を盗まれた。今回の当たり券は自分のかもしれない」 

 アホか。。。
 とりあえず、認知症の父親は30歳前後ではないと思われるのでダメだろう。
 また、落としたとか、盗まれたも、もうちょっと具体的な話にしないと。

 名乗り出たい気持ちも判らなくもないが、せめてこのワタクシ程度には、うまく作り話を作ってもらいたいものだ。
 参照:
 「地中から出た現金の持ち主
 「1万円入り包み返してください


(引用)
「自分のもの」? 置き去り1000万円くじに問い合わせ次々
産経ニュース 2007.11.7 21:10
 きっと私の当たりくじに違いない−。茨城県土浦市内の宝くじ売り場に1000万円の当たりくじが置き去りにされた問題で、拾得物として保管している土浦署に7日、「自分のものではないか」などと問い合わせる電話が相次いだ。
 同署によると、6日午後7時ごろから7日午後4時45分までの間に、県内外から7件の問い合わせがあった。
 内容は、「認知症の父親がよく土浦に行くので父親が買った宝くじではないか」「今年春、群馬県内の道の駅で宝くじ20枚入りの財布を落とした。それではないか」「今年5月に買った宝くじ10枚を盗まれた。今回の当たり券は自分のかもしれない」など。落とし主に直接つながるものはなかった。
 この当たりくじは、ドリームジャンボ宝くじの3等1000万円に当せんしており、4日、同市内のショッピングセンター内の宝くじ売り場に当せんを調べに訪れた30歳前後とみられる男性が、女性従業員が対応している途中で窓口に置いたまま立ち去った。
(引用終)
ラベル:
posted by ぱんちょなあおのり at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | あおのりの新聞を読んで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。