このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2008年02月13日

妻の上に座って圧死させた夫

 ドイツで、夫婦げんかの結果、妻の上に馬乗りになり圧死させた男に禁固刑が言い渡されたらしい。

 話によると、この男の体重は128キロあり、体重が半分しかない妻の胸部に2分以上座った結果、あばら骨18ヶ所を骨折させたらしい。げげっ、そんなに簡単にたくさんのあばら骨が折れるものなのか。。。
 
 いやはや、このワタクシ、この犯人の男の体重に一時迫ったことがある。
 そりゃ〜もう、ちょっと動くのも大変である。
 そんなこのワタクシも、サーフィンで立ち上がる直前のエビゾリの姿勢をエイッとやっただけで、後ろの肋骨一本を折ってしまったことがあるだけに(参照:「ポッキリ(レントゲン写真付)」)、あまり笑い事ではない。
 
 しかしな〜、我々のように栄養の行き届いた健康優良児(=人は肥満児と言うようだが)を相手にしてくれる女性なんてそうはいないもんである。
 そのかけがえのない女性を圧死させるとは、この男は、刑務所から出てきてもロクな人生を送らないだろう。
 
 その点、このワタクシなんて、体重が半分の人が相手してくれるのであれば、逆に毎日馬乗りさせてあげるぞ!
 誰か連絡ください。


(関連エントリー)
 「弁当の中身(写真付)
 「結婚前に確認しておくこと
 「「夜の営み」のない生活に妻怒り警察に通報
 「携帯猥褻画像見られた男が新妻を絞殺
 「妻をネットオークションに。。。
 「妻を忘れた男。。。
 「熱いキスで彼氏の舌を噛みちぎる
 「別れた妻に指を送った男
 「夕食の支度を拒否されて夫を刀で殺害
 「一夫多妻も楽じゃない。。。
 「円満離婚?
 「売春宿で妻を見つけて仰天
 「妻の不倫相手を銃殺しナニを切断した男
 「妻のパソコンに銃弾をぶち込んだ男
 「妻にナニを喰いちぎられた男。。。
 「前の女房にナニを焼かれた男
 「別れた妻の恋人を殺しナニを切断


(引用)
妻の上に座って圧死させたドイツの男に禁固5年
 [ベルリン 6日 ロイター] 夫婦げんかの際に妻の上に座り圧死させたドイツ人の男(50)が6日、禁固5年を言い渡された。
 裁判所のスポークスマンは、体重128キロのこの男が「妻の胸部に少なくとも2分間座り、あばら骨18カ所を骨折させた。極めて意図的な行為だった」と説明した。
 夫の半分程度の体重だったという妻は、事件から1カ月以内にこの負傷が理由で死亡した。
 男は、けんかの最中に妻を別の部屋に引きずり込もうとした際、誤って転び妻の上に倒れたと主張していたが、法医学的な証拠からこれが真実でないことが証明された。
(引用終)
ラベル:肥満 結婚
posted by ぱんちょなあおのり at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | あおのりの男と女の珍事件[R18] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。