このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2008年04月12日

太過ぎる。。。

 何の因果か、このワタクシ、アメリカ合衆国はテキサス州のヒューストンにいる。

 ヒューストンにやってきたのは、若い頃に、大リーグ所属チームの全てのホームスタジアムを回ってやろうと思い、バスで全米を駆け回っていたとき以来である。(参照:「ヒッチハイク」)

 今回は、東京からシカゴまで行き、そこから国内線に乗り換えてヒューストンという行程だった。
 シカゴまでは順調に行き、強烈な時差ぼけの状態で、朝日が文字通り燦燦と照りつけるシカゴに降り立った。
 入国審査を済ませ、国内線のターミナルに移動し、ヒューストン行きのゲートに向かう。

 搭乗時間になったとき、「機材トラブルで少し遅れる」とのアナウンスが入った。
 結果的に、その機材トラブルとは、「トイレの詰まり」だったらしく、1時間遅れで搭乗が開始された。
 「トイレの詰まり」に関しては、「ウンチネンタル航空」の事件もあっただけに、改善されたのはありがたい限りである。(参照:「ウンチネンタル航空」)

 飛行機に乗り込むと、なんと、最後列の窓である。
 よくも、これだけの非平等的な座席をこのワタクシにあてがったものである。。。
 とはいえ、ほとんどの人が乗り込んだにも関わらず、隣の席が空いている。
 最後尾なのは仕方がないとしても、ほぼ満席の飛行機で隣の席が空いているのはありがたいことである。

 おっと、、、最も前にある搭乗口から一人慌しく入ってきた。
 ドンドンドンドン最後尾に迫ってくる。
 慌しく入ってきたからかもしれないが、まるで岩のように迫ってきた。
 岩は、このワタクシのところまで来て、ドスンと座席に座った。

 いやはや、本当に岩だった。
 このワタクシも人のことは言えないくらいデカイのだが、この岩、いや、この女性は、少なくとも、大腿部の太さがこのワタクシの2倍くらいはある白人のオバハンであった。
 当然ながら、自分のスペースだけでは体が収まりきらず、脇腹の脂肪がこちらの席にせり出してきているし、足は、このワタクシの足に接触するだけではなく、このワタクシのスペースの2割くらいを占領している。

 シカゴからヒューストンまでの約3時間、、、オバハンの生暖かい足と脇腹に完全に密着しながら飛行するハメになった。
 あまりの気持ち悪さに、眠くて仕方がないにも関わらず、一睡もすることができなかったのである。。。


 それにしても、どうしてそこまで大きくなれるのか。。。(人のことは言えないが)
 

(関連エントリー)
 「毛むくじゃら事件
ラベル: 肥満
posted by ぱんちょなあおのり at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | あおのりの肥満アレコレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アストロズには是非とも頑張って欲しいです。
Posted by 栄子 at 2008年06月26日 02:06
栄子さま
 このワタクシ、ナショナルリーグのどのチームも好きではありません。。。
Posted by ぱんちょ at 2008年06月29日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。