このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2007年09月15日

胸が破裂した女性。。。

 台湾の女性が、胸を蜂に刺されたところ、破裂してしまったらしい。。。(アホな。。。)

 この女性、胸の切れ込み鋭い服でバイクに乗っていたところ、右の胸を蜂に刺されてしまったというのだ。
 彼女は、「私の右胸はたった二日でぺしゃんこになってしまった」と嘆いていたとのことである。
 なにやら、彼女の胸は3年前に豊胸手術を受けたものだったらしい。

 医者は、「普通はこの程度で収縮することはないのだが、彼女の場合、元々痩せ型であったため、豊胸手術によって、胸の部分の皮膚がさらに薄くなってしまい、蜂の針が貫通しやすくなっていたのかもしれない」と言っている。(そういうものなのか。。。)

 既に再手術を行ったらしいが、針治療やヨガをやると再び爆発するケースがあるらしい。。。(もうやめておけよ。。。)


(関連エントリー)
 「ダイヤでできたブラジャー(写真付)
 「「大きく見せる」男性用下着
 「セクシーすぎて。。。(写真付)
 「露出度が高すぎて。。。(写真付)
 「至近距離のFカップ(写真付)
 「卒業祝いは豊胸手術(ベタな写真付)
 「豊胸女性逃亡中(ベタな写真付)
 「乳房の形をした山(写真付)
 「胸のシリコンで助かる!
 「豊胸手術のおかげで銃弾を食い止める
 「豊胸手術とナニの増大の目的
 「中国人女性巨乳化!
 「ブラに救われた女性
 「豊胸ビール
 「ブラジャーのサイズによる価格差を廃止
 「豊胸手術は保険適用、かつらは保険適用外
 「豊胸手術の女性の自殺率3倍。。。


(引用)
Ananova:
Bee sting burst breast implant

A Taiwanese woman's breast implant was reportedly burst by a bee sting.
The 31-year-old woman, from Miaoli town, was wearing a low-cut dress while riding her motorcycle when her right breast was stung by a bee.
"My right breast disappeared in only two days," said the woman, who received the implant three years ago, according to Southern China City News.
Surgeon Zeng Dingchang says the saline implant is supposed to resist pressure of up to 200 kg, and said it was "very strange" for one to deflate because of a bee sting.
"She is very skinny, and the implant made the skin of her breast even thinner, and therefore easy to penetrate," he said.
The surgeon has now performed a replacement implanted operation - but warns that acupuncture or yoga could cause it to burst again.
(引用終)
ラベル:豊胸
posted by ぱんちょなあおのり at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | あおのりの新聞を読んで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。