このブログは、以下のアドレスに移転しました。
http://aomatsunoriaki.com

ぱんちょなゴルフ道

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします

2008年06月02日

ダルビッシュの国籍

 今日(といっても、ついさっき昨日になったが)の札幌ドーム、日本ハム対阪神戦。
 後ろの席に、幼稚園か小学校低学年くらいの男の子とそのお父さん。

 1点を争う攻防で、延長にもなったこの試合。
 これを生で見られた上に阪神が勝ったのは、日ハムのユニフォームを着ていたその子供の阪神ファン化に意義深かったことは間違いないだろう。

 おっと、そんなことよりも、、、
 二人の会話が愉快であった。 
 「パパ〜、阪神のバルディリスって日本人?」
 そんな訳ないやろ〜、、、と心の中でツッコミを入れたこのワタクシ。
 するとお父さん、
 「カタカナの名前の日本人はいないでしょ」
 まったくもってその通りである。

 「でもぅ〜、ダルビッシュは??」
 むむむ、、、確かに。。。
 お父さんはどう答えるのか? 
 「うっ、確かにダルビッシュは日本人だけど。。。」
 「どう違うの?なぜダルビッシュはカタカナなのに日本人なの?」
 「いや、その、、、」
 「どうして、どうして?」
 「むむ、それは、大きくなったら判る」
 
 出てしまった。
 大人の切り札、「大人になったら判る」ってやつ。

 「ダルビッシュがどうして日本人か?」なんて説明はたいして難しくもない。相手がそれなりの年齢に達していれば。
 しかし、このワタクシが見た感じ、まだ小さなその子供にその理由を説明するのは大変そうだった。
 「カタカナの日本人もたまにいる」というくらいしか言いようがないかもしれない。

 このケースは、ある意味どうでもいいケースなのかもしれないが、大人ができる説明を面倒くさくて子供にしないケースなんて多々あると思う。
 子供の疑問なんて、どんなものが出てくるか判らない。
 かのエジソンは、疑問が多過ぎて学校から追い出されたくらいだが、結局その疑問少年は大発明家になってしまった。
 子供が判らないと思って説明しないのが良いのか、判らないのが判っていてもちゃんと説明するのが良いのか。
 子供のためには後者が良いような気がするが、毎日子供と接している親がどれだけの難問をぶつけられているかは判らないだけに、その苦労を考えると、なんとも言えない。

 この親が、単に子供に正面からぶつかっていけない今時の親ではないことを期待したい。
 てなことを、子供のいないこのワタクシが考えても仕方はないのだが。


(関連エントリー)
 「ダルビッシュ、20歳に
 「日本人女性との結婚
posted by ぱんちょなあおのり at 01:34| Comment(15) | TrackBack(1) | ぱんちょなエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の亡くなった祖母の名前は「ツル」だった。
もしかして、俺ってクォーター?
Posted by 台北競馬場 at 2008年06月02日 13:54
台北競馬場さま
 あなたの場合は、クォーターかもしれません。
 しかし、今話題となっているのは苗字の方で。。。 
Posted by ぱんちょ at 2008年06月02日 14:02
>判らないのが判っていてもちゃんと説明するのが良いのか。

ゼッタイにそうだと思います。


>てなことを、子供のいないこのワタクシが考えても仕方はないのだが。

親となって子供の質問攻めにあうことを、子供のころから楽しみにしていたこの私としても、いったいどうしてこうなっているのかわからない。。。
Posted by miha at 2008年06月02日 17:55
mihaさま

>親となって子供の質問攻めにあうことを、
>子供のころから楽しみにしていたこの私としても、
>いったいどうしてこうなっているのかわからない。。。

 mihaさんもいまだ独身ですか?
 いや子供がいないだけかな? 
 いずれにしても、、、

>>判らないのが判っていてもちゃんと説明するのが良いのか。
>ゼッタイにそうだと思います。

 このワタクシもゼッタイにそうだと思いますが、多分我々には発言権はないと思います。。。
Posted by ぱんちょ at 2008年06月03日 00:10
台北競馬場さまに親近感を覚えます。
私の祖母もツルでした・・・

ところでダルビッシュの戸籍って
カタカナのこのままの名前なんでしょうか?
それとも母方の日本の名字なんでしょうか?
ちと疑問に思いました。。。
Posted by ひまひま at 2008年06月03日 18:43
ひまひまさま、

>台北競馬場さまに親近感を覚えます。
>私の祖母もツルでした・・・
 むむむ、そんなことで親近感ですか。。。

>カタカナのこのままの名前なんでしょうか?
 とりあえず調査しました。
 、、、が、Wikipediaでは判らず。
 仕方なく、サエコの本名(=ダルビッシュの本名)を確認しようとしたのですが、非公開でした。。。
 謎です。
 しかし、おかげで、日ハムのマイケルの本名が、「中村吉秀」と判ったのは収穫でした。
Posted by ぱんちょ at 2008年06月03日 21:15
ひまひまさま

もしかして、もう一人の祖母の名前は「スズ」って言いませんか? 。。。って
あれ、こっちもカタカナだ。ということは、、1/4+1/4=1/2

ぱんちょさま
前言撤回します。
「もしかして、俺ってハーフ?」
Posted by 台北競馬場 at 2008年06月04日 21:54
台北競馬場さま、
 貴殿の場合は、ハーフはハーフでもニューの付くハーフでは。。。
 
Posted by ぱんちょ at 2008年06月04日 21:57
台北競馬場さま
残念ながら、ウチのもう一人の祖母はマツでした。
スズだったら親戚かと思ったかもしれませんねぇ。^^;
しかし・・ウチも両方ともカタカナ・・・(私もハーフ?)

ぱんちょさま
コメントのお返事をみて、私も気になり調べました。
どうも「東本 有」が本名だと書いている人が多いようですね。
すると、この札幌ドームのお父さんも、子供に、
「ダルビッシュの本名は『東本 有』だから」と簡単に答えられたのかも。。。
Posted by ひまひま at 2008年06月05日 12:06
しかし、現在髪の毛5mm。。
どちらかというとHGに近い外観やね。
まてよ、とすると、俺の妹もニューハーフか。。
うーむ、もうひとひねり欲しいところですな。

>ひまひまさん、
しかし、昔の女性はめでたい名前が多いですねー。
私の父方祖母は新潟、母方祖母は山梨です。田舎に多いのかなあ。
Posted by 台北競馬場 at 2008年06月05日 16:12
台北競馬場さま

>うーむ、もうひとひねり欲しいところですな。
 健闘を祈る。。。
Posted by ぱんちょ at 2008年06月05日 22:23
もうひとひねり、は”ぱんちょ様”も含まれています。
ハーフ→ニューハーフ。。。 安直過ぎではないかえ?
Posted by 台北競馬場 at 2008年06月06日 12:49
台北競馬場さま
 こりゃ失礼。。。
Posted by ぱんちょ at 2008年06月06日 12:51
http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20080606001/1.htm

ネタ提供。
1位のオランダというのは悪い冗談にしか思えないが。
ヨーロッパではオランダ人とドイツ人はブ○ばっかというのが、一般的な常識とおもうのだが。。
Posted by 台北競馬場 at 2008年06月07日 00:27
台北競馬場さま
 むむむ、このネタいただきです。
 おって、記事化します。
Posted by ぱんちょ at 2008年06月07日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

6/1 F4−5T~藤本大ポップ決勝三塁打&好走塁&球児劇場など盛り沢山+1日の交流戦
Excerpt: 阪神5−4日本ハム◇札幌ドーム◇試合時間4時間14分 神|020 100 000 2|5 日|000 102 000 1|4 [投手] (阪神)アッチソン-江草-渡辺-ウィリアムス-久保田-藤川 (..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道~野球狂あさちゃん。
Tracked: 2008-06-02 09:00
>>>ぱんちょなオススメ<<<

熱中!ベランダガーデニング

足跡だらだら日記



あおのり世相をぼやく

ぱんちょな恋の物語

AONORI Flying High
タグクラウド
largestpeniss.jpg toiletexpo2.jpg dualbreasts.jpg 珍写真集。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。